スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米粉食品普及セミナー「米粉パン製造技術講習会」で勉強しました。

京都市南区東九条町の(株)木下商店2階にて  11時~16時
主催:近畿米粉食品普及推進協議会・(社)米穀安定供給確保支援機構
後援:近畿農政局
協力:カネカ食品販売(株)・片山製粉(株)・グリコ栄養食品(株)・大阪農政事務所・近畿農政局
講師:大西 邦廣 先生(近畿米粉食品普及推進協議会 技術副部長)


大西先生のすご~いパワーと解りやすく、面白く、丁寧な指導の下に、中身の濃い時間がながれました。
te2-22-20.jpg


「安全・安心・地産・地消」をモットーに・・・
te2-22-14.jpg

私は、初めて見る機器に興味深々・・・
これで生地をこねます。粉の状態・室温によって、水温を調整します。
te2-22-19.jpg

生地をのばす機器・・・製菓用のものと違い生地の厚みを自由に変えることができる。
te2-22-17.jpg

捏ねあがり生地の温度が大切。25℃~26℃・27℃まで
te2-22-18.jpg

カステラ生地を泡立てています。
te2-22-16.jpg

発酵させています。
te2-22-15.jpg

上火・下火・リミット?などが細かく設定できるオーブン。今は「白焼き」中なので扉を少し開けて、微妙な調整中
te2-22-13.jpg

これが又、すぐれもので伸ばしたパイ生地の上をスーっと転がすと瞬く間に、網目が完成!
te2-22-9.jpg

それを、少し広げてかぶせると・・・アップルパイ
te2-22-10.jpg

丸く伸ばした生地に「あんべら」を使ってボイルたまごを包み込む。これは、なかなか難しい!
te2-22-8.jpg

同じようにして、カレーあんを包みパン粉をつけて発酵させてから、はさみで十文字カットを入れてマヨネーズをのせるとカレーパン
te2-22-7.jpg

これは白焼きするんですが、名前がかわいい「赤ちゃんのおしり」
te2-22-12.jpg

チョコバルーン
te2-22-4.jpg

ブルーベリーパイ
te2-22-6.jpg

フランクフルト・・・これはなんとか巻けました。
te2-22-3.jpg

ホワイトペーストをくるくると・・・以外に難しいです。上にアーモンドスライスをパラパラと。
te2-22-2.jpg

米粉だけのクッキー。八割くるみをローストして粉糖をまぶしてから生地に混ぜる。サックリとしてとてもいい!
te2-22-1.jpg

チョコシートをパイのように折り込み、カットして並べ押さえる。焼きあがってからホイップクリームを塗りクルクルと巻き、3センチぐらいの輪切りにする。「切り株」。
te2-22-5.jpg

丸く伸ばしたカレー生地にカレーあんを少し塗り、素揚げのなすび・ローストしたカラーピーマン・ズッキーニ・シュレッドチーズ・マヨネーズ・ケチャップで飾り付ける。
te2-22-11.jpg

まだまだ・・・あったのですが、これ位で終わります。
グルテンの無い米粉と粘りのあるこんにゃく粉を合わせたらどうか?と思い講習会でパンの基礎を習得したい!と参加しましたが、1度位ではだめですわ(>?<)
毎年あるそうなので、次回は、自分で何回もやってみて、疑問を持って参加したい。
楽しくて、得るものがいっぱいの講習会でした。先生がすばらしい!!会場の設備も興味深々。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

がんこばあさん

Author:がんこばあさん
京こんにゃく庵 
店長ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。