スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違った製造法を見つけたので、ちょこっと作ってみました。(^0^)V

ここ3日間インターネットが使えませんでした。まとめての交信すみませんm(_)m


生芋を洗って、芽や汚れを取り除き水の中ですりおろす。
どれだけ「えぐい」のか?・・・ずーっと疑問だったが勇気が出ず(;_;)。
思い切って食べてみました。ハバネロどころではありません(#;>0<;#)
te2-20-1.jpg


te2-20-2.jpg

このまま、一晩置く。寒いので凍ってしまった(+_+)。
te2-20-3.jpg

マンナンが水分を吸収して・・・・・
te2-20-4.jpg

それを鍋に移して、ゆっくりかき混ぜながら・・・透明になれば火から降ろして1時間程置く。
この段階でも,未だ「えぐい」(#;>_<;#)
te2-20-5.jpg

置いておいたものをモッタリするまで良く捏ねる。
湯に溶いた貝殻焼成カルシウムを入れて素早く混ぜ・・・ここで、「えぐみ」が無くなる。・・・・最初に誰が思いついたのか?凄いことですよね!!
型に流し込む。
te2-20-6.jpg

左が従来の製法・・・芋の色が変わってきた(もう、作りオサメかな?)。結構しっかりした仕上がりになった。
右が生芋をすりおろす方法・・・少し色が白っぽく、柔らかかった。擂る方法と水の量を研究する必要があるかな?
te2-20-7.jpg

40分程湯がくと、随分しっかりした硬さになった。
芋が小さい物しか残っていなかったので、2種類の芋を使ったから食べ比べはできませんでした。(;_;)#
・・・孫の「そら」が好物だから、「胡麻みそ」も作って持って行ってやりました。V(^0^)V
te2-20-8.jpg

・・・これかな?
今まで、作れなかったのに・・・
「誰かのために作る・・・」
「食べてくれる人の顔を思い浮かべて作る・・・」
作ることばかりに気持ちが行ってて、これを、忘れてしまっていたのかも???
冬眠の成果 「Ⅰ」見つけました。\(^0^)/

明日は、京都で同窓会。(私のパワーの源です(^_^))
明後日は、九条で「米粉パンセミナー」。こんにゃくを入れて作りたいので、まず、基礎を勉強したい。
明々々後日は、竹田で「京都ビジネス交流フェアー2012」何かヒントがあるかも?
色んな、機会に出かけてみよう!どこからかつながってくると思う!から・・・
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

がんこばあさん

Author:がんこばあさん
京こんにゃく庵 
店長ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。