スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍みこんにゃく

ただ今の気温 -1℃

24-1_20130226103339.jpg


ざるに広げて外に出しておくだけでこんな感じになります。
昼間に融けて夜また凍る。繰り返すことで水分が抜けて、2~3日もすると「凍みこんにゃく」ができあがります。

煮物や炒め物に入れると生芋こんにゃくとは違った面白い食感になるのでこれの調理法を考えてみます。
「生芋こんにゃく」は季節限定(11月~2月)ですが、保存がきく「凍みこんにゃく」ならこれ以外の季節にも利用できる!
26-1_20130226104756.jpg
3日目にはこんにゃくとは思えない形状になっています。
関連記事
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

がんこばあさん

Author:がんこばあさん
京こんにゃく庵 
店長ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。