スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒟蒻百珍の復刻メニュー   第三回目は「氷こんにゃく」

蒟蒻百珍 江戸時代の珍本「現代語訳」  発行/株式会社 大曜



五十四  氷こんにゃく
 

蒟蒻を適当な大きさに切り、熱湯に通した後、ごく寒い日に一晩外へ出しておきます。


翌日、氷に近くなったのを、薄く削った鰹節で煮ます。


鉢に入れる鉢物にまことによろしい。




2012・1・28  こんにゃくを湯がいて薄切りにする。ざるで水けをきる。
te2-2-1.jpg


2012・1・30  竹ざるに広げて一晩外に置いておいたもの。これを鰹節で煮たら「復刻 氷こんにゃく」ができたのだが・・・
朝は凍っているがそのまま外で解かす。
te2-2-2.jpg


2012・1・31  又、夜の間に凍って・・・    
te2-2-3.jpg


2012・1・31  「凍らせて解かす」を繰り返す。随分、縮んできた。
te2-2-4.jpg


2012・2・2  今日は、0℃。おまけに冷たい風が吹き荒れている・・・お蔭で、こんなに乾燥しました。
「凍み蒟蒻」とはこんなのかなぁ?  調理は次回のお楽しみに・・・!!
te2-2-5.jpg
スポンサーサイト

蒟蒻百珍の復刻メニュー   第二回目は「五色ごんにゃく」

蒟蒻百珍 江戸時代の珍本「現代語訳」  発行/株式会社 大曜



二十三    五色ごんにゃく

     

 蒟蒻玉を臼で摩る時に、

      青は、青菜をよく叩いて、その汁をしぼって入れます。

      黄は、梔子の実の汁を入れます。
  
       黒は、鍋や釜の底についた鍋墨を入れます。

      赤は、(紅色の染料の)正臙脂を入れます。
        ただし、あまりはなやかにしてはいけません。

      右をそれぞれ混ぜ合わせて、それぞれの型に入れます。

       調理法はいろいろにできます。




今回の復刻は染料は使わず、手軽に手に入る材料で五色にしてみました。
te1-16-2.jpg


蒟蒻百珍の復刻メニュー   第一回目は「味噌懸(みそかけ)」  

蒟蒻百珍 江戸時代の珍本「現代語訳」  発行/株式会社 大曜




一、  味噌懸(みそかけ)

               普通あんばいよしと言われているも
   
                のです。

          十分に湯で煮て下さい。切り方はお好み

          にまかせます。蒟蒻に掛ける味噌は、
  
               番椒(とうがらし)   赤味噌    生姜(しょうが)味噌  
  
               胡椒(こしょう)味噌  山葵(わさび)味噌  蕗(ふき)味噌

          などですが、そのほか好みの味噌を掛け

          て下さい。

          うんと熱いのがよく、蓋のある物に入れ

          るのがいちばんよろしい。
                               

                           (現代語訳そのままの漢字や送り仮名で載せてあります)






バランスは、これかな?
te11-19-3.jpg



色は、これかな?
te11-19-2.jpg

角度は、これかな?
te11-19-1.jpg


今回は、ゆず味噌(実は、馬路村の「柚子みそ」を取り寄せましたm(^_^)m)をかけました。
写真撮影がなかなか難しい!復刻なのでレトロな雰囲気をだしたかったので、ながいことお目にかかっていない「お平」を磨き上げたはいいけれど・・・照明が映り障子紙を貼り付けると暗くて色が悪く、スタンドを付けても影が増えて・・・手作りのカバーを掛けるとフラッシュが・・・・っでどれが一番ましかなあ~~で選り抜きの3つアップしてしまいました。湯気の出ている感じもだしたかったのですが、全く映っていません。できればご意見・ご指導のほどよろしくおねがいいたします。

やっと、出会えた!!

原本は図書館で探していただき一度手にしたけれど、気は使うわ、読めないところがいっぱいで直ぐに返却した。でも、やはりほしかったのでずーっと探していた。・・・江戸時代の珍本(現代語訳「蒟蒻百珍こんにゃくひゃくちん 訳:室山 三柳){(株)大曜 :発行}を手にいれたので一つ一つ自分なりに復活してみたいと思います。原本とは体裁が違いますが、私はこちらが気にいってます。


hyakutin_convert_20111109185327.jpg

料理のアップは少し、時間をください。研究中です!
現在の家庭で、作れそうなものから発表していきたいと思っています。お楽しみに・・・・

プロフィール

がんこばあさん

Author:がんこばあさん
京こんにゃく庵 
店長ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。